プロフィール

こんにちは〜。ごきげん麗しゅう。
OLU CREATE Lino (リノ)です。

本名は山内涼子ですが、是非とも愛称のリノちゃんとかリノはん、リノ子とか(笑)で呼んでくださると嬉しいです( ˘ω˘ )

OLU CREATEは屋号でして、オル・クリエイトと読みます

「olu olu」っちゅーハワイ語から「心地よいをつくる」という意味を込めております。

ふっと風がそよいだ時の涼しさのような
心地よいsomethingをcreateする
そんな「場」であり続ける。
というspiritでもあるのでつ。

ちなみに「Lino」はハワイ語で光り輝く・編む・結ぶたくし「涼子」が出逢えた方の「Lino」となれるように。

 

どうぞ、よしなに。

 

Lino

着物はただ単に好きで着ています笑

 

リノ子のオシゴト

“ココロとアタマ”のよろず屋としてセラピー・カウンセリング・コーチングの技術を駆使し、皆さまが「何が起きても笑いとばせる」自分でいられるようサポートする日々୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

セミナー講師、個人セッションのほか、名刺制作や記事作成も承っております。
色彩学校認定 アート療法士、国際アートセラピー色彩心理協会 準会員

 

 

リノ子の属性

熊本市在住3年目に突入。
夫とふたり暮らし。

2018年10月で32歳になりました♪
動物占いは「優雅なペガサス」。
自分で自分を「変な生きもの、自由人」と豪語する、本当に変なひと。

 

リノ子の生い立ち

1986年 大分県大分市に生まれる。
家族は父、母、2歳上の兄。だいぶ個性的な家族みなから「お前は変わってる」と言われる異端児としてまっすぐ育つ。
高校までを大分で過ごし、宮崎公立大学へ進学。国際関係を専攻。
18歳で親元を離れ、宮崎で人と自然のあたたかさとやさしさに感動。
20歳…NGO活動でカンボジアへ。初海外で東南アジアの洗礼を受ける。
22歳…大学を卒業し上京。デザイン専門学校で1年学んだのち契約社員や派遣でDTPデザイン・事務・営業・コールセンターを転々と。
東京で過ごした20代のうち3年半ほどは週末起業も並行しWワーク・トリプルワークと詰め込む「とにかく20代で独立したい」思いでひたすら馬車馬のように働き、オーバーワークが心身ともに支障をきたす頃、プライベートでも問題を抱え自称「人生のどん底」。

 

紆 余 曲 折 。←便利な言葉(笑)
気になる方は、仲良くなって直接聞いてください♪

 

26歳…これはヤバイと自己改革すべく、心理学に手を出す。学んだことを片っ端から徹底的に毎日実践。メキメキと目の前に見えていた「現実世界」が新しくなることを体感。
27歳…結婚。フリーランスとしてもOLU CREATEの屋号を掲げる。
30歳、夫の故郷である熊本へ移住。着物生活をスタート。週1〜2日は着物です。

 

 

割と平凡な生い立ちですが…一つひとつの「思い出」を掘り下げると、なかなかキャッチーなネタが見え隠れするなと自負しております。

 

でもそれって誰にとっても言えることだと思いませんか?

 

 

人生は壮大な”物語”(ストーリー)

よく飲み屋なんかで「私の半生を描いたら、壮大な映画が一本撮れるよ」なんてクダ巻いてる人を見かけますが(最近はあまりいないのかしら)

 

そりゃ100人いれば100本のドラマ、壮大な映画が撮れるんですよ。ハリウッド並みにね。(ハリウッドお約束の濡場だってあるでしょうし?)

 

さて、映画を観ていても、感動するかどうかってすなわち
共感するかどうかとも言い換えることができます。

 

まぁもちろん「感動」にはいろんな「感情が動く」という意味がありますから、共感だけではありませんけどね。強い反感、嫌悪感でも立派な「感動」なわけで。

 

私は大人になってから、本気で「死にたい」と思ったこともありますし同時に他者に対して「死んで欲しい」「ころしたい」と思ったこともあります。(例の「人生のどん底」期ね。)

 

えぇ、なんの自慢にもなりませんが。(´-ω-`)でも、それだけ「余裕がなかった」経験をしています。そして今、自由気ままに、のんびりのほほ〜んと幸せな毎日を、面白おかしく生きています

 

わたしの30年あまりの物語で、確実なターニングポイントといえば、“ココロとアタマ”の最適なつかい方を掴んだ瞬間でした。

まるで今までの伏線をすべて回収したかのような、「そういうことだったのか!」と目が覚めたような、ヘレン・ケラーが「WAAAAAATEEEEEEEER!!!!!」と叫んだ時のような(あ、伝わります?)衝撃。

 

あなたの物語は、いま、どんな感じですか?悲劇?喜劇?アドベンチャー?…それとも「特に、何も」なんて言っちゃいますか。たとえこれまでがどんな物語だったとしても、生まれ変わらなくても、いま、リメイク版が出せるとしたら。どうでしょう?

 

人生が物語なら、作り手(=あなた自身)によっていくらでも編集可能なんです。もちろん、オリジナルは消さなくて良いですよ。それはそれで残しておいたらプレミアつきそうでしょ。

 

自分の思う通りに、人生という物語をつくっていける。
つまり、毎日のありとあらゆるシーンで「私の人生って最高!」って感じになります。

 

なんだ「引き寄せ」的なやつかよー…と思ったあなた、ちょっと違うんですなー。引き寄せやらスピリチュアルななにがしって話ではないです。(あ、スピ系の話も分かりますけどね。)

 

わたしの見聞き修得してきた理論と実践経験とが、あなたのお役に立てるなら嬉しいから。

 

もう、大丈夫ですよって伝え続けたいから。あなたが息をして、そこにいるだけで。周りは幸せなんだよって、伝え続けたいから。

 

 

「何が起きても笑いとばせる」ような“ココロとアタマ”のつかい方をお伝えしますね。

 

今日も、ありがとうございます。
ヽ(*´з`*)ノ